Warning: mysql_num_rows(): supplied argument is not a valid MySQL result resource in /home/webmaster/public_html/admin/module/DBUtil.class.php on line 2726

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webmaster/public_html/admin/module/DBUtil.class.php:2726) in /home/webmaster/public_html/es/es_detail.php on line 128

Warning: mysql_fetch_array(): supplied argument is not a valid MySQL result resource in /home/webmaster/public_html/admin/module/DBUtil.class.php on line 2650

Warning: mysql_fetch_array(): supplied argument is not a valid MySQL result resource in /home/webmaster/public_html/admin/module/DBUtil.class.php on line 2673
エントリーシート(ES)道場 エントリーシートの書き方を伝授! | 内定塾Web
〔業界名〕
〔質問内容〕
〔文字数〕 文字
〔企業名〕
Before

After

添削者からのコメント

Copyright (C) 2007 GAQOO.inc,.All rights reserved.

このエントリーシートは人中、人の方が参考になったと投票しております。
このエントリーシートは参考になった。    
このエントリーシートを見た人はこんなエントリーシートも見ています


Before

 私は常に「相手の立場に立って考える」ことを心掛けています。 アルバイトで個別指導の塾講師をしていたとき、高校受験を控えて、全くやる気のない生徒を担当しました。 そのとき私は、塾長や先輩はもちろん、何より生徒自身と話し合うことを大切にしました。 何気ない会話から、進路指導の真剣な話まで、生徒の話を聞き、私の話も聞いてもらうことで、お互いに理解が深まり、信頼関係を築けたと思います。  1年生の時につい遊んでしまい、少しずつ授業についていけなくなり、気づいた時には全然わからなくなっていたと言う生徒に、私は基礎をみっちり教えて、出来たときには必ず褒めるようにしました。 自分に自信を持たせること、問題を解けたときの喜びを知ってもらうことが大事だと考えたからです。 そうして、生徒が無事に高校に合格したときは、とても嬉しかったです。 私はこの経験から、相手をよく理解し、相手の立場に立って考えることが信頼、成功に繋がると学びました。  貴社においても、消費者の立場に立ち、何が求められているのかをよく考え、それを形にしていくという商品開発において、私の「相手の立場に立って考える」姿勢は必ず活かせるものと信じています。


Before

 私の長所は几帳面なところです。 それは物事がスムーズに進むように情報を集めたり、前もって手順を決めておくなど計画性をもって行動することができるということです。 そのため、約束の時間には早めに行くなど、何事もぎりぎりまで先延ばしにするということはありません。


Before

 私は個別指導塾のアルバイトで、担当生徒の意識改革を目指しました。 個別指導に来る生徒は勉強が苦手な子どもが多いのが現状です。 生徒自身がそのことを一番分かっており、苦手だからしない・やらないという構図ができてしまっています。  そこで、私は弱点対策の前に、生徒自身の意識を変える必要があると考えました。 そして、私はそれまでの一方的に授業を行う詰め込み型の授業を改め、独自の指導法を試みました。 その中でも、一度定着してしまった“勉強が出来ない”という意識を取り払うことが最も困難でした。  この課題に対し\儷謀な声かけ否定的な用語を使わない0擦畔棔△了暗世鮖愼海房茲蠧れました。 声かけは生徒とのコミュニケーション・信頼関係の構築、という面で重要と考えました。 私語も生徒を知る上で多くのヒントが含まれていると考え、耳を傾けました。  二点目は生徒のできる部分・出来た部分に着目しようという考えから、否定的な用語の使用を控えました。 三点目は、遅刻したから宿題を増やす、指導中頑張ったら宿題を減らす、といったことを試みました。 この三点を意識して実践することにより、勉強が出来るようになった、という意識を少しでも芽生えさせたいと思いました。  私は入塾直後の高校生にこの指導法を試みました。 まず勉強とは無関係の話を授業開始直後・中盤に各5分程度行い、生徒自身を知るように努めました。 生徒が自ら自分のことを話すようになることが一つの目安と考え、それまではこちらから声かけを続けました。 指導内容について、生徒の好きな単元・得意な単元の復習を行い生徒自身が自分は問題が解けるという肯定イメージを持たせることを目標にしました。 その後弱点分野に取り組み、 “ダメ・違う”という言葉を使わず“おしい”という言葉を使い続けました。 答えを安易に教えることはせず、ヒントを出し続けることにより生徒が自分で解く、というスタイルを貫きました。 宿題に関しては授業に真面目に取り組んだ日や自習に取り組んだ日は減らし、遅刻した日や集中力が無かった日は増やすようにし、メリハリをつけました。  数ヶ月後、生徒が自ら学校の事や勉強の事を話しかけるようになり、勉強にも前向きに取り組むようになりました。 苦手分野の問題も自分なりの回答を書くようになり、ヒントを出すことを嫌がるようになりました。 このように、生徒の勉強に対する意識が少しずつ変化していきました。 私自身も指導を通じて一人一人を個別化して見ること・違う視点から物事を考えること、の二点が身についたのではないかと考えます。


ES提出前チェックシートダウンロード 削除希望 エントリーシートランキング
ピックアップ
〔質問内容〕
〔文字数〕 文字
〔企業名〕

〔Before〕

〔After〕

詳しく見る

タグクラウド
内定塾【2013年卒就職活動(就活)塾】   ブリスターパック等の梱包材や緩衝材、名入れボールペンはジャパンプラス